折りたたみ自転車を買ってみた【メリット・デメリット】

節約

こんにちは!じゅっちゃんです(^▽^)/

先日、新生活が始まったため、初めて折りたたみ自転車をネットで購入しました。

皆さんは折りたたみ自転車を買ったことは、ありますか?

あまりない経験だと思いますので、折りたたみ自転車のメリット、デメリットを紹介したいとおもいます!

折りたたみ自転車デメリット

組み立てる必要がある

当たり前ですが、乗るためには折りたたみ自転車を組み立てなければいけません。

元々、出来ているタイプもあるかもしれませんが、ネットで買うならば、必ず自分で組み立てる必要性があります。

取り付け方は、難しくないですが、すごく簡単な訳でもないので、手間がかかってしまいます。

タイヤが小さいので漕ぐ回数が多い

折りたたみ自転車は、折りたためるサイズになるのでタイヤは普通の自転車に比べると小さいです。

なので、必然的にペダルを回す回数も増えます。

一気に進まないと感じるよりは、沢山漕いでいるなぁと感じました。

ハンドルが低い

折りたたみ自転車は、基本的に大きさが小さいです。

なので、サドルを1番低くしていても、ハンドルの位置が下にあります。

誇張して言うと、競輪の選手のような体制になるので(そんなに酷くはないですが)長時間乗るのは向いていないです。

折りたたみ自転車のメリット

持ち運びが楽

折りたたみ自転車は、名前の通り折りたためるので色んなところに持っていけます

電車での移動先に持っていくことも出来ますし、キャンプ場に車に積んで持っていくことも可能です。

また、引越しの時も場所を取らないので、小さめのトラックをお願いした時も役に立ちます。

駐輪しやすい

自転車は、駐輪場に止めると思います。

よくある、柵のようなもので仕切られている駐輪場に、普通の自転車を駐輪するときは、少し向きを変えてあげないと行けない時がありますよね?

しかし、折りたたみ自転車は小さめなので小回りがきき、大きく向きを変えなくても、停めやすいです。

また、そういった、仕切りがない駐輪場でも、折りたたみ自転車の方が、場所を取らないので好きなところにとめられやすいです。

値段が安め

普通の自転車を新品で買おうとすると、少なくとも1万円は超えますよね?

しかし、折りたたみ自転車の場合、こだわりがなければ1万円以下で購入が可能です。

なので、強いこだわりがない場合は、折りたたみ自転車を買うと、安くお値段を抑えることができます

ギア付き、カゴ付きもある

メリットと言っていいのかは微妙ですが、折りたたみ自転車でも、ギアが付いていたりするものもあります。

私が購入したのは、まさにギア付きの折りたたみ自転車です。

折りたたみ自転車のイメージはカゴなどがついておらず、質素なイメージですよね。

ですが、最近の折りたたみ自転車は全然違い、普通の自転車と大差なく利用できます

インターネットショッピングの注意点

ここで少し、インターネットで買う場合の注意点を紹介したいと思います。

防犯登録は登録店で行う必要がある

自転車を利用する場合は、防犯登録が必要になります。

これは、自転車を利用する人の義務です。

なので、届いて組み立てた後は、近いうちに防犯登録をしに行きましょう。

防犯登録が行えるお店はインターネットで公開されています。

ちなみに北海道だと、こんな感じです。

自転車防犯登録所一覧

送料に注意する

折りたためるとはいえ大きなものなので、送料がそれなりにかかってしまうものもあります。

なので、送料も気をつけましょう。

しかし、普通の自転車に比べるとコンパクトなので、送料無料で販売している店舗などもあります。(ちなみに私は送料無料でした)

まとめ

折りたたみ自転車は、普通の自転車を買うよりも少し躊躇ってしまうかもしれません。

しかし、10分程度の出勤や登校時に使ったり、近くの買い物に行く分には申し分なかったです。

普通の自転車と変わらずに走行できますし、特段不便も感じていないので、もし購入を検討されている場合は強くオススメします。

しかし、遠出などには向いていないのでそこはご承知ください。

参考にされれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました