その肌荒れの原因はマスク?!原因は○○だった!対処法も紹介!!

悩み

こんにちは!じゅっちゃんです(^▽^)/

緊急事態宣言が全面的に解除されましたね。
ですが、まだまだ安心できる状態ではないですよね。
そこで、手放せないのがマスクです。

まだ、品薄状態も続いてはいますが、前よりはマスクを見かけれらるようになってきました。

しかし、マスクをつけていると、
あれ?こんなところにデキモノが…。なんてこと多くありませんか?

実はマスクをしているとデキモノができやすくなるんです。
それはなぜなのか?それから説明しましょう。

なぜマスクで肌荒れが起きるのか?

そもそも、なんでマスクをしていると肌荒れが起きてしまうのか?

原因は大きく分けると3つあります。
それは…

摩擦蒸れ乾燥なんです!

それでは、1つずつ見ていきましょう。

摩擦

マスクってどうしても肌に触れてしまいますよね。
マスクと肌が擦れることによって肌にダメージが与えられています。

そんなに痛いと感じていなくても摩擦の積み重なりでお肌が弱い状態になってしまい、
赤くなったりして、肌荒を引き起こしている原因になっています。

洗顔を泡でして、洗顔摩擦を減らしていても、マスクが擦れていたら意味がないですよね。

蒸れ

蒸れが理由に来るのはなんとなくわかりますよね。

口から出た水蒸気で蒸れが生じます。
また、これからの季節は汗などでもマスクの中が蒸れやすくなります。

そうなると、会話などで飛んだ唾液などの雑菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。

そこに、擦れまで加わった場合は弱い肌には最悪な状態です。

乾燥

え、上で蒸れていると言ったのに乾燥?!
と思うかもしれませんが、実はマクスは乾燥しやすくもあるんです。

つけているときは、蒸れていて乾燥している感じがしませんが、外すと一気に水蒸気が蒸発してしまい、乾燥しやすい状態になるのです。

蒸れていたと思ったら、一気に乾燥する。

どう考えてもお肌にいい影響はなさそうですよね…。

対処法

マスクは肌に良くないのは分かったけれども、今のご時世マスクをつけないわけにはいきません。

というわけで、ここからはできるだけ肌荒れを起こさない対処法をご紹介していきたいと思います。

マスクを選ぶ

最近は色々なマスクが販売されています。

例えば、話題のアベノマスクはガーゼのマクスなので擦れは少ないですが、蒸れやすいです。
しかし逆に不織布であれば、擦れやすいですが、蒸れにくいです。

自分が何のダメージを一番受けているのかを見極め自分にあったマスクを買ってみよう。

そんなこと言ってもマスク売ってないよ!!という人は
ここから買えます↓

スキンケアを徹底する

ダメージを受けてしまったお肌を労わってあげましょう。
ちなみに詳しいスキンケア方法はコチラ↓

まず、菌にさらされてしまった顔をしっかり、洗いましょう
しかし、ゴシゴシはさらに悪化させてしまうのでNGです。

後はしっかり、保湿をしてあげればOKです。
ニキビは脂が原因だから…と考えて保湿しないようにと考えるのは
逆に悪影響が考えられるので止めましょう。

ニキビ用の化粧品や薬用などを使うようにしましょう。

清潔にする

蒸れて汗などをかいた場合は、こまめに拭くようにしましょう。
それだけでも、菌の繁殖を抑えられます。

また、ガーゼを挟むのも効果的とされています。
肌への摩擦が減り、こまめにガーゼを変えるとマスクの中を清潔に保てます。

外などで外せる状況であれば、一回外して、マスクの中を喚起するのも◎です。

まとめ

普通にしていてもニキビができたりすると凹みますが、それがマスクのせいで増えるとさらにショックですよね。

なので、出来るだけ今回ご紹介した方法を試してみてください。
それで、軽減されれば幸いです。

これからはますます、蒸れにくわえ日焼けなども問題になってきますが、感染拡大には気をつけながらも、お肌トラブルを抑えたいですね。

では、またお会いしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました