【驚愕映画】無料で名作トゥルーマン・ショーを見てみた【感想】

新型コロナウィルス

こんにちは!じゅっちゃんです(^▽^)/
週末はどうお過ごしだったでしょうか?
私は食料の買い物以外は家に引きこもっていました。
あまり、普通の週末と変わらなかったですが飲みに行きたくはなっちゃいますね(´・ω・`)

と、そんなわけで家にいたのですがそこでしていたのが、動画配信サービスの無料トライアルで映画鑑賞をする。
そこで見てみた映画の感想と勝手に評価をしてみたので、サブスクで何見たらいいか考えている人の参考になれれば幸いです。

トゥルーマン・ショーとは

ご存知の方も多いと思いますが物語は
❝離島・シーヘブンで、保険会社に勤めるトゥルーマン・バーバンク(ジム・キャリー)は、「おはよう! そして会えない時のために、こんにちはとこんばんは!おやすみ!」が口癖の明るい青年である。彼は生まれてから1度も島から出たことがなかった。それは、父と一緒に海でボートを漕いでいたときに「嵐が来るぞ」という父の警告を無視して船を進め、嵐を回避できず海に投げ出された父親を亡くしたことで、水恐怖症を患ってしまったためであった。

ある日、彼がいつものように新聞を買ったあと、雑踏の中ひとりのホームレスの老人とすれ違う。それは幼い頃、海に沈み亡くなったはずの父親だった。しかしその直後、老人は瞬く間に何者かに連れ去られてしまう。彼はこの出来事をきっかけに、自分の周囲を不審に感じ始める。❞(出典元:Wikipedia

とこんなところから始まります。

どんな物語なのか気になりますよね?

感想※ネタバレを含みます

ここからはネタバレを含んでいくので嫌な方はトゥルーマン・ショーを見てから戻ってきてください。

一緒に住んでいる彼にに進められて見たのでこの物語の大きいポイント、彼は生涯を世界中の見世物に
されていたことを知らずに見ていました。

そこで、主人公と同じように世界に疑問を持っていき、最終的にはこの世界から脱出していくのを応援
したくなります。
なので、これを見ると勇気がもらえる、感動したという意見が多くみられます。

しかし、俺とは反対に少し恐怖を感じる部分もあります。
大きい空間とはいえ、現実世界からは隔離され、監禁、監視されている世界にい主人公はいます。
さらに、その人生は見世物にされています。
もちろん、現実ではありえないことですが、その真実の恐怖感を感じました。

また、30年間ずっと何も不思議に思わずに暮らしてきた世界に疑問を感じる、それは今まで身に着けてきた常識などがひっくり返されることです。
それは今までの固定概念が壊れていくことを意味します。

あの有名なアインシュタインは『常識とは十八歳までに身に着けた偏見のコレクションである。』
と言っています。
この言葉には様々な見解などがあるとは思いますが、
私は、様々な人が常識だと思っていることは、その人が今まで経験をして知ってきたもので、できていると思います。

なぜ急にこのアインシュタインの話をしたかというと
これくらい固定概念を崩すのは難しいということです。
なので、不思議なことがあるとしても
それが当たり前にあることを疑うことがないのではなかという部分でも怖さがありました。

さらに、もう一つ怖さを感じるのは最後の場面。
トゥルーマン・ショーは感動の最後が映され砂嵐になったあと夢中になっていた警備員が別なテレビ番組を探し始めます。
一人の人間の人生がガラッと変わったにも関わらず結局ただのコンテンツとして消費されていきます。

しかし、全体としては本当に興味深い作品になっています。

二度楽しめる

個人的見解ですが同じ物語を何度も楽しめるコンテンツは名作だと思っています。
あの人気になった〝君の名は。〟あれも最初に見た後は全貌が見えるので再度見たいと思わされました。
このトゥルーマン・ショーもそうです。
再度見てみると、最初のほうに空から落ちてきたのは機材の一部だったり、
友人、奥さんが明らかに宣伝をうっているのが分かりさらに面白くなります。

また、他にも様々な工夫がされており
例えば毎朝あう双子の男性がいつも主人公を壁に押し付けていたのは壁の広告をカメラに映らせるためだったらしいです。
様々なトリビアは検索すると色々と見つかります。

まとめ

様々なメッセージが読み取れる作品であり、何度も楽しみたくなる工夫もされています。
なので、男女や年齢関係なく楽しめる作品であると思います。
さらに、今から約20年近く前の作品ですが今見ても古臭さを感じさせない作品でした
なので、昔の時代だしねと考えることもなく見ることができます。

見ていない方には一度は見てみてほしい作品になっており、一度見たことがある人にはもう一度今に
見てほしい作品になっています。
家ですることに困ったらトゥルーマン・ショーを見てみませんか?



コメント

タイトルとURLをコピーしました